しかしほんとうの視点はどこにあるのか。視点は同僚たちにあるのではないのです。