ところが、並べると早い。全然言葉は要りません。黄色という言葉を知らなくても、ああ、この色だね、と分かる、それが大事なのです。これが描くということです。