突っ込んで行きたいけれど、突っ込んで行けない何かがあるのです。