でも少しばかり進んでいった人ならば、次のようにMAOできなければなりません。
「このピアノは私に弾いてほしいのですか?」