「そして、私はその要望に応じますか?応じませんか?」