外してはいけない基準は、本人が被害に合わないことです。これしかありません。