その人が全部やり切って、それで居なくなって初めて、それから何百年かして本当の後継者というものが出てくる、そういうことです。