たった一つというものには無価値という価値を作ったということにおいて、価値がある。