つまり人間は天のもとに、無価値というたった一つ、天意を探りながら生きているのだ。