「ない」という価値があるのだから、矛盾しない。